マイノリティとして生きること〜三〇代在日朝鮮人男性研究者としての私の経験(呉永鎬、聞きて:瀬戸麗)

マイノリティとして生きること〜30代在日朝鮮人男性研究者としての私の経験〜 

【いくのふらっとだいがく、大阪大学未来共生プログラム10周年記念事業 vol. 2 未来共生セミナー】




開催日:2022年1月22日(日)14〜16時
会場:IKUNO・多文化ふらっと事務所
大阪市生野区桃谷5丁目5-37 いくのパーク(御幸森小学校跡地)A棟2F
参加費無料・要申込み:定員30人
申込先:https://forms.gle/LPsJopN27KMBkLiX9


大阪大学院未来共生プログラムでは、博士課程において地域や実践の現場から学ぶことを積み重ねてきました。

今年度十周年をむかえるにあたり、第二弾のセミナーとして、若手研究者と『マイノリティ支援の葛藤』を出版された呉永鎬さんから、プログラム5期生の履修生の瀬戸麗さんが話を聞く機会を設けました。

プログラム関係者はもちろん、大学生、一般の方も大歓迎です。



このブログの人気の投稿

差別をなくす社会のためにやってきたこと〜研究者でアクティビストが語る〜( 語り:梁永山聡子、聞きて:高橋綾)【22/12/18終了】

いくのふらっとだいがく コンセプト